2021年TOP
2020年TOP
2019年TOP
2018年TOP
2017年TOP
2016年TOP
2015年TOP

2014年12月(2)
2014年11月(6)
2014年10月(4)
2014年9月(2)
2014年8月(2)
2014年7月(4)
2014年6月(3)
2014年5月(3)
2014年4月(1)
2014年3月(2)
2014年2月(5)
2014年1月(2)

2013年TOP
2012年TOP

  2014年7月31日(木) オメガ シーマスター 自動巻き

オメガ シーマスター

 島根県からのご依頼、オメガ シーマスター 自動巻きです。
 18KYGケースですので、当時にしても相当高価だったものと思われます。

 時計については、リューズおよび芯が悪く交換したのに加えて、内部の歯車の1ヶ所に欠損がありましたので交換しております。 歯車の欠損はあまりない不具合ですが、うまく部品がありましたので、なんとかなりました。
 修理ご依頼時には、伸びるタイプのメタルバンドが付いていたのですが、不具合箇所がありましたので、新しく革バンドに交換して います。画像では判りづらいですが、金のケースと茶のクロコダイルがうまくマッチしていて、とても風格のある雰囲気になりました。

 長らくお待たせ致しました。


  2014年7月25日(金) 【お知らせ】7月26日(土)の営業について

 下記でもお伝えしておりますように、7月26日(土)は、御手洗地区の祭のため、終日休業 とさせていただきます。
 大変ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

 また、8月3日(土)は、豊町商工会主催の花火大会が隣の地区:大長(おおちょう)で開催されます。この日について は、通常通り営業しております。
 間近の花火と、島々の間でこだまする花火の音が大迫力で、大変人気の花火大会です。
 こちらにつきましても、是非お越しくださいませ。


  2014年7月15日(火) 【地域情報】御手洗夏祭り

垂れ幕

 今年も当店のある御手洗地区の夏祭りがやってきました。7月26日(土)の開催です。近づきましたら改めて告知 致しますが、当店も行事参加のため、終日休業とさせていただきます。大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解よ ろしくお願い致します。

 御手洗の夏祭りは270年以上前、江戸時代中期より続いている伝統的な祭りです。島のわずか一角に過ぎないこの地区は、北前船の中継地と して繁栄し、昭和初期頃までは西日本有数の花街として知られていた歴史もあります。
 家々にはこの祭り専用の垂れ幕があり、上の画像のように家の1階部分に提灯とともに設置、地区全体が祭りの雰囲気に包まれます。
 江戸時代の栄華を色濃く残す、御手洗地区の夏祭り、必見です。

昼廻し

 祭りは、昼と夜の二部構成になっていて、どちらにも人が二人乗る櫓(やぐら)が登場します。昼は上の画像のように紅白の布団を載せ た華やかな櫓で、16時ぐらいまで町内を練り歩きます。
 夜は下の画像のように櫓周囲を笹で囲み、中に人が乗っているにも関わらず、櫓を倒しながら進ん でいく、とても荒々しい大迫力の櫓廻しに変貌します(画像は櫓が倒された状態です)。夜は、住吉神社~御手洗駐在所の間、300mぐらいの海岸線 の道路で行われ、他には三味線に合わせて踊ったり、金魚すくいなどのお店も出店されます。

夜廻し

 夜廻しの画像は「船宿カフェ 若長」様よりのご提供です。
 この画像、櫓のバックの2階建ての建物は江戸時代から船宿(船会社の宿泊施設兼事務所)として使われていたものです。現在はその一 部をカフェとして利用されていますが、当時は船主さんが芸子さんたちを集めて同じように祭りを見物していたのでしょう。
 当日は、普段していない夜間営業もされます。船主気分で祭りを見物されてはいかがでしょうか。

 櫓廻しの時間ですが、昼は13:00頃より御手洗観光案内所付近をスタート、途中、御手洗郵便局前にて餅まきを行います。
 夜は、20:30頃より住吉神社前をスタート。スタート時および終点の御手洗駐在所前(22:30頃)にて餅まきを行います。

 また、当日、天満宮の境内にて昨年も大好評だったレトロな雑貨市が「レトロ雑貨市&古本市 ゆるり2」として グレードアップして開催されるそうです。こちらについても、どうぞお楽しみに。詳しくは下記サイトをご覧ください。

 【レトロ雑貨市&古本市 ゆるり2】
 http://www11.ocn.ne.jp/~hakuchou/

 当日は、駐車場が混み合ったり、交通規制があったりします。お車で来られる際は気を付けてお越しになってください。


  2014年7月10日(木) IWC 自動巻き

IWC 自動巻き

 広島県内からのご依頼、IWC(インターナショナル) 自動巻き腕時計です。
 1960年前後に製造されたと思われるこの時計は、時計好きだったお父様の形見とのことです。また、現在でも大変評判の良いモデル ですね。

 長い間使われずにしまわれていたようで、お預かりした時はリューズががっちり固着して動かないような状態でした。
 細心の注意を払いながら丁寧に作業を実施し、なんとか調子を取り戻すことができました。

IWC 自動巻き

 元々はレザーベルトだったかと思いますが、ご依頼時は上記画像のようにメタルベルトが装着されておりました。取りにお越し いただいたときにご持参されたトリコロールカラーのNATOストラップ(リボンベルト)に交換しました。
 これからご使用になられる息子さんの雰囲気にピッタリで、時計自身も急に若返った印象です。
 ベルトはいつでも交換できますし、ここに自分のセンスを入れることで、より一層愛着も沸くと思います。とてもカッコイイですね。

 長らくお待たせ致しました。



お知らせ
掲載情報
地域情報

~腕・懐中時計~
IWC
ウォルサム
エルジン
オメガ
セイコー
ブヘラ
ラドー
ロレックス
ユニバーサル

~掛・置時計~
クロック