2018年TOP
2017年TOP
2016年TOP
2015年TOP

2014年12月(2)
2014年11月(6)
2014年10月(4)
2014年9月(2)
2014年8月(2)
2014年7月(4)
2014年6月(3)
2014年5月(3)
2014年4月(1)
2014年3月(2)
2014年2月(5)
2014年1月(2)

2013年TOP
2012年TOP

  2014年8月31日(日) 珍品ノベルティ!?

 我が家の台所から出てきた品です。
 古い折りたたみナイフですね。

セイコー ノベルティ?

 片側には、「EMPIRE」の文字と懐中時計のイラスト。

セイコー ノベルティ?

 反対側には、「SEIKO」の文字と腕時計のイラスト。

 セイコー「エンパイヤ」は、明治42年に発売された、懐中時計の普及版。マイナーチェンジを繰り返しながら、昭和初期頃まで 生産されていたと思います。
 腕時計の方は謎ですね。昭和に入ってからしばらくするとケース一体のラグになりますし、セイコー初の腕時計ローレルはもう少し ベルト幅が小さいような気がしますので、大正後期~昭和のごく初期のモデルでしょうか。
 ですので、このナイフもその頃の1920年代前後のものでしょうね。

 雰囲気からすると、エンパイヤのノベルティでしょうか。販売店への記念品でしょうか。すでに当店には当時を知る者がいないの で、詳細はわかりません。

 また、おもしろいものが出てきましたら、紹介させていただきます。


  2014年8月30日(土) セイコー 機械式 船舶時計

セイコー 機械式 船舶時計

 神奈川県からのご依頼、セイコー 機械式 船舶時計きです。
 この時計はその名のとおり、船舶の壁面に設置することを前提に設計された時計です。
 ゼンマイ式で、一度ゼンマイを巻くと1週間程度動きます。また、外洋航路のことも考慮され、時針(短針)が二重構造になっており、 時差の異なる二つの時間帯を表示できるようになっています。
 また、金属(アルミ?)の鋳物ケースですので、ずっしりとした重量もあります。

 実際に乗られていた船で使用されていたものだったようで、実用時計らしく、過去にかなりの回数の修理も受けていましたが、 なんとか調子を取り戻すことができました。当店のある御手洗地区は、元々風待ち・潮待ちの港町でしたので、20年ほど前までは造船 所もあり、船の往来が盛んでした。クオーツ時計が出てくるまでは、同様の船舶時計の修理依頼も多く来ており、大変懐かしく対応さ せていただきました。

 現在もセイコーのラインナップでよく似た時計があります。
 2013年11月にも紹介していますが、形状、サイズ、横開きの全面ガラス、金属ケース(こちらはプレス) などは踏襲されており、実際に船舶で使用されることも多いようです。短針は二重ではありません。現在は、「防塵時計」ということで ラインナップされています。

セイコー クオーツ 防塵時計

 長らくお待たせ致しました。



お知らせ
掲載情報
地域情報

~腕・懐中時計~
IWC
ウォルサム
エルジン
オメガ
セイコー
ブヘラ
ラドー
ロレックス
ユニバーサル

~掛・置時計~
クロック